ひとりミュージカル2016春夏ツアー旅日記 その3


5
この度、ひとりミュージカル2016春夏全国ツアーの様子を旅日記として、スタッフがつれづれと紹介していきます!

各地の景色や情報を交えながら、旅の様子をお伝えいたします♪




 

◆2016年5月20日 高知土佐公演

この日は、初めての高知県土佐市公演♪

前回高知市内にある、『龍馬の生まれたまち記念館』で公演をした際、高知新聞に載せて頂いた告知記事を見て来て下さったお客様が、今回開催をお手伝いしてくださいました。

こういうご縁から広がる輪をとても嬉しく思います★

高知と言えば、坂本龍馬の生まれ故郷として全国的に有名ですよね。

今日の会場は、緑豊かな町の集会場。

もちろん、坂本龍馬のひとりミュージカル『幕末の夢』を披露させて頂きました。

s_IMG_3448

今回のツアーのために、『幕末の夢』にも新しい演出を加えリニューアル!

以前は無かった小道具を取り入れるなど、新演出での初披露となりました。

s_IMG_3463

坂本龍馬・勝海舟など、志を持って幕末の時代を駆け抜けた男達の物語は

私達に元気と勇気を与えてくれること間違いなし!

s_IMG_3468

土佐弁もお褒めにあずかり、一安心。

公演も皆様に喜んでいただき、大成功となりました♪

ご来場頂いた皆様、どうもありがとうございました!

s_IMG_3474

◆2016年5月22日 土佐くろしお鉄道とのコラボ企画 ミュージカル列車

この日は何と、電車の中でミュージカル公演を開催するという、初めての試みにチャレンジ!

前日会場を訪れしっかりと下見をし、打ち合わせをしましたが、やはり当日の準備はスタッフ総出の多きなプロジェクトとなりました!

デザインして頂いたポスターはこちら★

土佐くろしお鉄道内だけでなく、様々な駅や道の駅等に貼って頂いたお陰で、ポスターの目撃情報も寄せられました(笑)

14054897_1108592522568719_1160928425_n

土佐くろしお鉄道とは?

中村線・宿毛線、阿佐線からなる、鉄道ファンから人気の高いローカル鉄道。

人気の理由の一つが、この車両のデザイン!

全ての車両デザインが違うので、どれもカラフルで目を引くものばかり★

また普通車両だけでなく、風を全身で感じられるオープンデッキの車両もあるそうですよ♪

普段は1両列車として活躍していますが、この日ほメイン会場の1車両に加え、贅沢にも控室としてもう1車両を連結して貸し切りでお借りしました!

うーん、何て贅沢な使い方★

14045029_1108592605902044_927035801_o

1日2回公演ということで、準備は朝からスタート。

お天気にも恵まれ、絶好のイベント日和となりました♪

s_IMG_3479

本日のメイン会場『だるま夕日号』

ミュージカルの演出上 照明で景色や感情を表すため、中村駅のイベント担当の皆様に、列車の窓一面に暗幕を貼る作業・そして列車のつり革を上に上げる作業などをお願いし、私達も機材のセッティングに取り掛かり、苦戦しながらも全員で力を合わせ準備完了!

さぁ、これから一大イベントの開催です!

s_IMG_3502

ご覧の通り、列車の中とは思えない幻想的な雰囲気に。

お客様も一気にミュージカルの世界へ引き込まれてゆくのを感じました。

s_IMG_3516

披露したのは、もちろん坂本龍馬の『幕末の夢』

2公演とも多くのお客様にご来場を頂き、とても楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

s_IMG_3515

お客様と笑顔の記念撮影のひととき♪

s_IMG_3500 s_IMG_3520

そして、このイベントを主催してくださった中村駅の上岡良子さんからのご紹介で、NHKさんから取材を受け、高知内で流れるNHKテレビの夕方のニュースに特集をして頂いた他、高知新聞・読売新聞さんにもライブの様子を大きく取り上げていただきました。

IMG_3512

上:高知新聞さん 下:読売新聞さん

IMG_3888

土佐くろしお鉄道さんのもう一つの魅力は、窓からのぞく絶景の数々

夏はオープンデッキ車両での『ビール列車』、秋は『紅葉狩りや柚子狩り』等の季節に合わせ様々な趣向を凝らしたイベントとともに、『恋結び列車』なる婚活列車や、『音楽を楽しめるイベント』まで幅広い企画が盛りだくさん!

このユニークなイベントの数々はテレビでも度々取り上げられ、今高知県内でも認知度・人気度とも花丸急上昇中★☆彡

皆様も是非、可愛い列車に揺られ、美しい景色と美味しい食事を楽しみに、土佐くろしお鉄道を一度訪れてみてはいかがでしょうか?

『土佐くろしお鉄道さんHP』http://www.tosakuro.com/#!stationtrain/cx3a

 

次は、旅日記 九州編 をどうぞお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です